2006年10月26日

43日目 発表

タイトルのとおり、カイトが我が家に来て、今日で43日目。
思い返せば激動の43日だ。
手が焼けた分、その思い出は鮮明に思い出されるもの。
今でもカイトの初期の頃の、荒くれようが容易に目に浮かぶ(笑)

今回の預かりは、文字通り波乱万丈となった。

日々悩みながら、カイトと暮らし、くじけそうになったり、泣きそうになったり(これほんと)、本当に色々な経験を与えてくれたカイト。

先の全く見えない里親募集に、少し焦りながらも、自分で自分に焦ってはいけないと、言い聞かせてみたり。

今回の件では(も)友人に本当に助けられた。
悩んだ時にはいつでも相談に乗ってくれた。
そして、我が身のことのように、真剣に悩んでくれた。

そのお陰で、どっしり構えていられたのだ。

きっと自分一人だけでは、不安でしょうがなかった今回の預かりは、周りの協力があってこそ、成し遂げられたものだと思う。

応援のコメントを下さった皆様、本当に本当に有難うございました。
感謝しきれないくらい、感謝しております(涙)

で。

何が言いたいのかと、言うと。

実はカイトにとても良い縁談が来てるのです!
もう既に話は核心に迫り、というか、核心を通り越し、後はいつ一緒に暮らし始めるか、日程を合わせるだけとなりました。

皆様へのご報告が遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。
ただ、がっかりさせたくなかったのと、私自身がものすごく慎重になっていたのもありまして、ご報告が今になってしまいました。申し訳ありません。

里親候補様は、私の不安を払拭してくださり、更にそれを補い余りあるだけの対策を、どの質問に対しても答えてくださいました。
環境も申し分ないです。
カイトの問題行動に対しても、絶対に諦めず接してくださるだろうということを希望的観測だけではなく、ご自身の経験から仰ってくださいました。
私もそれをお聞きして、大丈夫だと確信いたしました。

そんなわけで、カイトちゃん、大きな幸せをつかめそうです☆

心配してくださった皆様、応援して下った皆様、本当に有難うございます。
コピー 〜 DSC01230.JPG
それ=チーズケーキ

里親様に託すその日まで、しっかりNAGI家で教育続行したいと思います(笑)


ニックネーム NAGI at 23:47| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

里親募集終了

里親様決定しました!ありがとうございましたm(__)m

愛知県からの募集です。
多頭飼育放置のうちの1頭です。

犬種:ミニチュアシュナウザー
名前:(仮称)リリーちゃん(♀)
体重:7.1キロ
年齢:8歳
フィラリア(−)・未避妊・血液検査異常なし(腎・肝臓)
<トリミング前>
syuna1

<トリミング後>
syuna2
syuna4
見違えるほどに可愛くなりました揺れるハート

現在他のボランティアさん宅に居ます。
トイレは散歩のときにするそうです。
昼間は先住犬と一緒にガレージやお庭で自由にしているそう。
夜は室内ゲージの中にいます。

詳細はお問い合わせくださいませ。
宜しくお願い致します。
ニックネーム NAGI at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

41日目 出てます

カイちゃん、出てますよ。

DSC01181.JPG

ちょっとだけ、出てますってば!

コピー 〜 DSC01180.JPG

出てるんですってば、舌が。

DSC01183.JPG

カイトは時々、何かに集中してる時、ふと見ると、舌が出ているんです。
緊張感漂う雰囲気なのに、なんとも緊張感のない顔だ。。。

ところで、カイトは扉を開けちゃいます。
リビングの引き戸に、レバー式の扉、そして玄関(取っ手を押して開けるタイプ)、しかも玄関は鍵を開けて出て来る。
お前は介助犬か。(-"-)

なので出かける時には、ちょっとした用事でも、繋いでおくか、ゲージの中に入れなければならない。

ところで、ホタルもこれら全てを開けます。
さらにホタルは玄関の門扉やウッドデッキの鍵も開けるので、一人でどこへでも行けちゃうの。
だからホタルも必ず留守番時はゲージの中です。

そんな我が家なので、ワンたちが勝手に出入りしないように、扉の裏につっかえ棒がしてあったり、扉のレバーが横から縦に付け替えてあったり、とちょっと異様な光景。
でもそんなのは気休めで、行こうと思えばどこへでも行けちゃうんですねぇ。
2階へ行けないように施したゲートだって、縦のラインを2本齧って壊し、出入り自由にしやがった(涙)くっ。

はぁ。犬に侵されないセキュリティ万全のお家が欲しい〜ぴかぴか(新しい)(本末転倒じゃん)
ニックネーム NAGI at 21:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

40日目 甘え方

朝から雨の予報で、今日のお散歩はどうしようかなぁと思っていたら、見事に午前中は雨が止んでくれました♪

この隙を狙ってまず3ワンコをグランドへ連れて行き交代で走らせ、一旦戻って3ワンコを置いて、カイトだけを車に乗せてまたまたグランドへダッシュ(走り出すさま)

今日もたっぷり遊んできました犬(笑)

家に着いて暫くすると、ものすごい勢いで降り出しました;
お天道様に感謝ぴかぴか(新しい)

ところでカイトの甘え方ですが・・・
とっても可愛いの黒ハート
何気なくこっちに向かって来たと思ったら、不意にチュキスマーク
しかもちゃんと口にヒットー(長音記号1)
時々激突して痛いですがもうやだ〜(悲しい顔)
そして、カイトは食糞をします。これもまた痛いあせあせ(飛び散る汗)
時々うんP臭いと思ったら、カイトが私を見上げて笑っています。
どうだ、まいったかドコモポイントと(笑)
そしてトイレを慌てて見に行くと、跡しか残っていませんふらふら
なので、最近はワンコのトイレに過敏になっているNAGIです。

DSC01167.JPG

そしてカイトの可愛い甘え方ムード
体を摺り寄せてきます、猫みたいに。
そのまま私は抱き寄せて寝転がせて襲っていますハートたち(複数ハート)

DSC01164.JPG

で、あんまりしつこくイチャイチャすると、避けられます(爆)
こんな風に部屋の隅っこに・・・。

DSC01169.JPG

思春期の男の子は難しいわねー(長音記号2)顔(ペロッ)
ニックネーム NAGI at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

38日目 初体験☆

前からすご〜く気になっていた。

カイトはドッグカフェでどんな反応をするんだろう?って。

吠える?興奮する?はたまた・・・

気になったら確かめなくっちゃ♪
とりあえずは行って見ようダッシュ(走り出すさま)ってことで、ゆかさんをお誘いして行って来ました、ドッグカフェ喫茶店

しかもフリーペーパーを見ていた旦那が偶然にも今日見つけたところ目
だからどんなお店なのか雰囲気は分からなかったけれど、テラス席だと書いてあったので、まぁちょっとくらいの事ならなんとかなるかー(長音記号2)いや、なんとかしようと。
人生何事も経験。これワンもまた然り。

何かの時の為にワン用おやつも買い込んで、いざ出発車(セダン)

道中カイトに「うるさくしたら、あんた、車行きの刑だからね、分かってる?」と何度も言い含めたのが功を奏したのか(笑)、ドッグカフェについてカイトは、意外とお利口さんだった犬(笑)

先に着いてたゆかさん宅のワンちゃんにちょっと吠え掛かったものの、リードを緩めて近づければ、途端に気弱になって、ご挨拶。。。

それからもあまり吠えることは無かった。

DSC01148.JPG

用意したワン用おやつをあげたりして、少々気を反らせたこともあったけれど、おやつに釣られ易いカイトとしては、すぐに落ち着く(笑)

DSC01149.JPG

意外と良い子じゃないの。
初ドッグカフェかどうかは分からないけれど、初めてだとしたら上出来☆上出来☆

コピー 〜 DSC01154.JPG

えへへ、内緒♪

DSC01155.JPG
美味しかったぁ黒ハート

カイトには豚耳のおやつだよ☆
コピー 〜 DSC01145.JPG

食べた後は、散歩のために公園まで足を運ぶ。

DSC01158.JPG

DSC01160.JPG

この後、散歩で偶然集まった集団に遭遇し、総勢17頭のワンコたちの中に入っていったけれど、とってもお利口さんにご挨拶できました☆

周りを全てワンたちに囲まれたけれど、大丈夫☆

カイトの意外な一面が見られた、今日のお出かけ。
やっぱり何事にも挑戦してみるもんだ。
ニックネーム NAGI at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

37日目

純血種には、その種特有の性質がある。

ボーダーにはボーダーの、シェパにはシェパの、プードルにはプードル特有の性質があるのは、皆さんもご存知のとおり。
その性質は、人間が、人間の為に、犬を選択育種してきた結果出来上がった「犬種」である。

その性質から、犬種はグループに分けられるし、牧羊犬や軍用犬・盲導犬などには犬種がある程度特定される。

だから人は、自分の性格や生活環境に合った犬を迎え入れようと思えば可能だし、運動量や食事量の目安だとか、被毛の手入れ、初心者向けかどうかなどは、犬種図鑑を見ればある程度把握できるようになっている。

でも犬種について下調べもせず、単に大きい犬が欲しいから、という理由だけで、飼われてしまったカイト。

もちろん大きい犬が欲しいという理由を否定するつもりはない。
小さい犬を可愛いと思う人も居れば、大きい犬が好きな人もいる。

けれど、カイトの元飼い主が記した日記によると、カイトを購入して数日後にボーダーコリーについての本を買っている。
ショップで目が合ったから、今流行りだから、小さくて可愛かったから、衝動に負け、とりあえず買う。
後の事は、その時に考えればいい。
そのような安易さがこの飼い主には伺える。
それでうまくいった人も実際にはいるのかもしれない。
でも元飼い主は結果、カイトに手を焼き、ボーダーに見合った運動を提供できず、問題行動だけが目につき、カイトを手放し、カイトには飼い主が居なくなる、という事態になってしまったのだろう。

もちろん犬種を一括りにするつもりはない。
同じ犬種だって、犬それぞれ個性と呼ばれるものがあるし、人の接し方によっては犬自身の性格が良くも悪くも変ってしまう。
犬の性格は遺伝とその後過ごす環境によって左右されるのだから。

なら、カイトの場合はどうか?

小さい時は天真爛漫、無邪気でさぞ可愛かったことだろう。
飼い主もどんなワンコに育つのだろうと、夢や希望に胸膨らませていたのかもしれない。
けれど普段の何気ない接し方、運動量の不足、さらには手を焼き訓練所へ。
この積み重ねがカイトの性格を(人間から見て)問題児にさせてしまったのだ。
もちろんこうなったからには、飼い主だって相当悩んだに違いない。
日記にもそんな様子が伺える。
けれど人間は、自分が無理だと感じた時点で、手放すことが出来る。
選択肢がいくつか用意されているのだから。
でも犬は?
犬には選択肢なんてものは存在しない。
保健所に引き渡された時点で、ほとんどの場合、待つのは「死」
厄介払いで他人に引き渡された時点で、その後の犬生に責任はない。
そして、犬は与えられた環境を静かに受け入れるしかないのだ。

カイトは、カイトが望んで我が家にやってきたわけでは無い。
今でも本当は元飼い主の所へ帰りたいと、密かに願っているのかもしれないけれど、それは本犬にしか分からないし、私には聞く術も持ち合わせてはいない。

カイトの気持ちは別にして、カイトが我が家にやってきた時、私はどうだったのかと言うと・・・
正直に告白すると、大変だった。
来て2,3日は大人しかった。これはよくある犬のパターン。本性は慣れた頃に出てくるものだから。
自分の身の安全が保障されたと感じ、群れの一員として属することが出来たと感じた時に初めて出てくる傾向にある。


カイトの地が現れ始めたころ、一気に問題行動が露呈していくことになるのだけれど、その時の私のストレスたるや・・・。
もちろん犬にあたってはイケナイことは知っているので、日々我慢の連続。
一日中吠え立てられても、無視を貫き通す。
グッと我慢の子。
どんなに耳元で吠え立てられようが、牙をむき出して吠え掛かってこようが、しゃべる度に邪魔されようが、バリケンの中で吠え立てていようが、食事をくれと催促吠えされようが、怒ってはイケナイ。
グッと忍耐の子。
最終的に要求を貫き通した方が優位なのだから。

夜中にどれだけ吠えたって、たとえ寝不足になったって、見に行ってはイケナイ。
近所迷惑になるから、窓を締め切りはやく夜鳴きが治まって欲しいと願いつつ、胃がキリキリした日だってある。

昼間だって、出来るだけ締め切るようにしていた。
(今はほとんど吠えないので、開けている)

ヘタに叱ると、訓練所でのトラウマにより、カイトに関しては噛むのがひどくなる可能性だってあるし、犬と面と向かって対戦するのは賢明ではない。
またカイトはどんなトラウマを持っているのか、分からない。

だから掃除機に噛み付いて振り回した時だって、掃除機から引き離そうとカイトのハーネスを持った瞬間に噛みつかれたときだって、私に吠え掛かりながら飛びついてきた時だって、アイロンやドライヤーに向かって牙むき出しにして吠え掛かってきた時だって、冷静に対処をした。
そしてなるべく違う行動に置き換えようと努力をしている最中だ。

散歩に行くときだって、車に突進していかないように、なるべく車を避け、問題行動が出にくい形をとっている。

そんな静と動の攻防を日々繰り返すうち、カイトは落ち着いてきた。
吠えても無駄だ(私には)と理解すると同時に、私の言うことなら聞くようになり、この頃から、叱っても素直に聞き入れるようになった。
こうなって初めて意志の疎通が出来るようになる。
先住犬との問題にしても、大地を抱っこする行為がカイトは気に入らないけれど、それを我慢するようにもなった。(お義母さんはダメ)
床拭きだって、私がやっていれば文句は言わなくなった。(お義母さんはダメ)
だからと言って興奮している時に指示が聞けるかどうかは別問題で、訓練次第だと思うし、カイトはまだ全然そんなレベルには達していない。
今後訓練しなければいけないところが沢山ある。
カイトの可愛いさのあまり、どうひいき目に見ても、山ほどある。

そんなこんなでカイトの最初の里親になった人や、預かりさん2人は、かなり困惑したと思う。
それを知っているから、誰にでもカイトを託すわけにはいかないのだ。
カイトを迎え入れることによって、実際に最初の里親さんも苦労したわけだし、今後里親になってくださる方にも、カイトとの生活がストレスにだけはなって欲しくない。

カイトをコントロールするには、ボーダーという犬種だけを理解すれば良いわけではなく、カイトの性格とカイトが持っている問題にも対処できるだけの知識を備えていなければならない。
知識がなければ今後一緒にとことん勉強するか、信頼のおけるトレーナーの指導を仰ぐか、何かしら対策を講じなければならないと思うほど、カイトは簡単に飼えるワンコではないのだ。

誤解のないように言っておくと、落ち着きを取り戻した今のカイトはものすご〜く可愛い。
はっきり言って、めちゃめちゃ可愛い。
私から見ると、問題犬では決してないし、事情さえ許すなら、いつまででも側に居て欲しいと思うことさえある。

それでも次の預かりワンコが・・・一時的にでも、居場所を求めているワンコが沢山いる。
出来ればカイトに早く素敵な里親様が見つかって、幸せに暮らして欲しいと願ってはいるが、だからと言ってカイトを飼ってくださるからとお願いしたものの、トライアル失敗して、戻ってきてしまっては元も子もない。

犬の飼い方なんて十人十色。
私が強要できることではないし、私も強要されたくないので、カイトの性格を照らし合わせ、カイトが住みよい環境を選んであげなければならないと思っている。
だってカイトは自分で環境を選べないのだから。
もちろん、人間側にとってもまた然り。
カイトの性格を理解し、リーダーシップがとれ、受け入れてくださる方に、託したいと思う。

自己満足の世界かもしれないけれど、それによって助かる命があることも、また事実。
せっかく助けた命なら、幸せになって欲しい。
自分が不満一杯のところに、ワンコを出したって、いつもワンコのことを心配しなくちゃならないし、後悔するかもしれない。
そんな思いだけはしたくない。。。
カイトを迎えてよかった!って思ってくださったら、私だってものすごく、嬉しい。
そしてそんな望まれて愛される生活をカイトには送って欲しい。
ニックネーム NAGI at 15:38| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

36日目 吠え

カイトが我が家に来たばかりの頃は、本当に本当によく吠えた。

はっきり言って隣のうちのワンコもよく吠えるんだけど、それをさらに上回るほどの吠えっぷり。

隣のワンコが吠えるとカイトも必ず吠えるので、当然の如く上回るわけでして・・・。

ところが、最近はそれほどカイトの吠え声が気にならなくなった。
私が吠え声に慣れたわけではなくて。

前は電話していても相手の声が聞こえないくらいに妨害されたけれど、今はちゃんと会話が通じる。

お義母さんや旦那とお話をしていても妨害されていたのが、最近は会話をさせてくれる。

隣のワンコが吠えても、カイトは吠えない時が結構出てきた。

たっぷり運動して疲れて、うちでは寝ていることの方が多い。
今まではきっと暇で、体力も余って、ストレスもたまってイライラして、吠えることで発散していたんだと思う。
吠えることで周りの人に、自分の要求を伝えていたんだと思う。
でもどれだけ分かってもらえただろう?

DSC01092.JPG
ゲージでへそ天。

DSC01134.JPG
机の下でへそ天。
足がっあせあせ(飛び散る汗)

DSC01096.JPG

カイトは光を追いかけます。
鏡で反射した光が壁に写り、それを目ざとく見つけ、ワンワン興奮して追いかけます。
鏡に限らず、腕時計やカメラの反射も同様です。

DSC01097.JPG

ところが、今日は追いかけはするものの、そんなに興奮していない。
ウロウロ追いかけるだけ。

DSC01107.JPG

しかもほとんど吠えなかった。
見ていると、まるで猫のよう。

DSC01108.JPG

きっと本能から追いかけたいんだけれど、疲れてるから適当に追いかけとけ〜みたいな感じ。

DSC01101.JPG

ちなみに光を見つけた瞬間の視線はこれ下

DSC01109.JPG

この後動画を撮ったのだけれど、ホタルに邪魔され、パー。

今度は問題行動を撮った動画をアップしてみてもいいかも、と思っている。
・・・けど私にそんな余裕があるのだろうかたらーっ(汗)
ニックネーム NAGI at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

32日目 カイト☆再募集

皆様に応援して頂いた今回の縁談。
白紙に戻りました。
何度も話し合い、カイトの性格、実際の生活のシュミレーションなどを考えて頂いた上で、カイトの為にこういう結果となりました。
何卒ご了承ください。
再度募集に踏み切りたいと思います。

そして、カイトの里親様を募集するに当たっての条件を再度見直し&検討いたしました。
よく読んで検討してくださいませ。
これについてご協力してくださったYさん、有難うございます☆
いつもお力になって頂きまして、感謝してます。

以下、募集条件です。

*今までに中型犬以上の飼育経験があり、ある程度、犬の問題行動に対処できる方。
*小さいお子様のいらっしゃらないご家庭。(小学校高学年以上を目安にしてください)この条件につきましては、「飛びつきクセあり。また、子供をナメてしまい子供に対して吠え立てることがあるかもしれません。それをコントロールできるかた」ということを特筆させて頂きます。
*猫・小動物を飼っていらっしゃらないご家庭。
*完全室内飼育
*玄関、庭、散歩中などに、脱走対策を講じて頂ける方。
*充分な運動(自由運動含む)をして頂ける方。
*ワクチン・フィラリアなどの病気予防
*ワクチンを接種しましたので、ワクチン代をご負担くださるかた。
*なるべく1頭飼いで。先住犬とカイトとの上下関係をコントロールできる方であればOKです。
*吠えてもそれほど近所迷惑にならない環境。または、要求吠えに対処(躾け)ができるかた
*愛知県もしくは近郊のかた。(こちらからお届けいたします)
*フリスビーやアジリティーなどの競技会目的だけの方はお断りさせて頂きます。


以上です。
詳細はお問い合わせください。
宜しくお願い致します。
ニックネーム NAGI at 22:34| Comment(34) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

30日目 カイトレ

今日はいつもやっているトレーニングを少しだけ撮影してみました。
まだまだ初歩の段階で、子犬がやってるような内容ですが、確実にホタルよりは飲み込みが早いですGood

とは言え、片手にカメラ、片手にフードとフリスビー(今日は硬質のを使用)でブレブレ。
ぎこちない動きもご容赦くださいませあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと見にくくて申し訳ありません。

(注:声が出ます)




今の段階から徐々にフードをなくしていく段階に入っていきます。

この後散歩に繰り出しました。
今日はMダックスに出会いましたが、顔を向け、空中をクンクンしただけで、そのまま通り過ぎました。

人に対する反応も今のところ特にありません。

子供がテニスをやってる側を通りましたが、無反応でした。

散歩中は車さえ側に居なければ、とても良い子で感心しますぴかぴか(新しい)
ニックネーム NAGI at 13:50| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

29日目 トレーニング

カイトはスリッカー(ブラッシング道具)が嫌いです。
口が出ます。

ところで今朝、カイトも連れて、初めて訓練所に行きました。
そしたら草むらに顔を突っ込み、くっつき虫がカイトの首周りに一杯付いてしまいました。
うむむ、ブラッシングせざるを得ないではないかふらふら

丁度良いので、この機会に矯正トレーニングをば。

おやつを使って、矯正しました。
少々強くブラッシングしても大丈夫になりましたClap

昼過ぎ、暇だったので録画した動物奇想天外を見ていたら、ボーダーのドッグダンスがやっていましたTV

そこで「フェイス」なるものを教えていたので、早速やってみることに♪
やり方は、マズルにゴムをはめて、手で取ろうとした時にタイミングよく「フェイス」とコマンドをかける。
ところが、カイト。
輪ゴムをはめた途端、カチンコチンに固まってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
そして、じっと私を見つめる目
えぇ〜あせあせ(飛び散る汗)そんな反応ありっすかexclamation&question
もしや君、飼い主依存型でしょうかグッド(上向き矢印)

仕方ないので諦めてホタルにやることに。
ホタルはちゃんと前足を使って外すので、数回繰り返したのですが、どうもなんだかイライラし始めたようなので、途中でやめました顔(汗)

う〜ん、思うように行かない所が、訓練の面白いところですね失恋
ニックネーム NAGI at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする