2006年10月15日

32日目 カイト☆再募集

皆様に応援して頂いた今回の縁談。
白紙に戻りました。
何度も話し合い、カイトの性格、実際の生活のシュミレーションなどを考えて頂いた上で、カイトの為にこういう結果となりました。
何卒ご了承ください。
再度募集に踏み切りたいと思います。

そして、カイトの里親様を募集するに当たっての条件を再度見直し&検討いたしました。
よく読んで検討してくださいませ。
これについてご協力してくださったYさん、有難うございます☆
いつもお力になって頂きまして、感謝してます。

以下、募集条件です。

*今までに中型犬以上の飼育経験があり、ある程度、犬の問題行動に対処できる方。
*小さいお子様のいらっしゃらないご家庭。(小学校高学年以上を目安にしてください)この条件につきましては、「飛びつきクセあり。また、子供をナメてしまい子供に対して吠え立てることがあるかもしれません。それをコントロールできるかた」ということを特筆させて頂きます。
*猫・小動物を飼っていらっしゃらないご家庭。
*完全室内飼育
*玄関、庭、散歩中などに、脱走対策を講じて頂ける方。
*充分な運動(自由運動含む)をして頂ける方。
*ワクチン・フィラリアなどの病気予防
*ワクチンを接種しましたので、ワクチン代をご負担くださるかた。
*なるべく1頭飼いで。先住犬とカイトとの上下関係をコントロールできる方であればOKです。
*吠えてもそれほど近所迷惑にならない環境。または、要求吠えに対処(躾け)ができるかた
*愛知県もしくは近郊のかた。(こちらからお届けいたします)
*フリスビーやアジリティーなどの競技会目的だけの方はお断りさせて頂きます。


以上です。
詳細はお問い合わせください。
宜しくお願い致します。

ニックネーム NAGI at 22:34| Comment(34) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボーダー・コリーって頭が良い分、癖があって。ウチのベンも、彼にとって脅威がある人が近づくとカプっとしちゃいます。
ベンが噛んだ人を監察すると、犬嫌いな人、ちょっとおかしそうな人…という確立が高かったので、その判別力には感嘆です。
が、こちら人間の感覚はそこまで研ぎ澄まされていないので、どこかへ連れて行くにはマズル必携です。

それと、群れの順位を見るので、小さな子供だとナメるということはあると思います。
旦那の子供が7歳くらいの頃、彼の命令にはベンは無視することもありましたね。現在12歳だから地位が逆転し(?)大丈夫です。
私の場合、ベンが飼われ始めた頃は旦那と前妻が別居する前だったので、私が彼を知った当初旦那の連れ合いで程度にしか思っていなかったようです。会って3年経ってようやく、彼を世話する家族と認めてもらいました(彼の親密度が濃くなったのが世話してわかります)。前妻には、未だに会ってもベンの絶対服従の姿勢は変わらないので、すごく義理固いのだなーと感心してます。

癖のある犬種なので大変な部分もありますが、慣れると本当にハマルと思います。

ウチでカイト君引き取りたいくらいです〜
条件から激しく外れるから無理なのですがね。

いい飼い主さんが見つかりますように!
Posted by ぴた at 2006年10月16日 10:30
残念だけど、カイト君の為ね。
また、暫くボーダーライフを楽しんでね♪
カイト君の事、家とJBCNにリンクさせてもらおうかな?と思いますがどうですか?
そこまでは?とお考えなら断ってくださいね。
まったく気にしませんから(笑)
Posted by がう母 at 2006年10月16日 10:35
(*>w<*)♪  残念です。

カイト君は今どのくらいまで躾が入っているのでしょうか?
要求吠えなどはどの程度あります?
犬なんで吠えるなっってゆうほうが難しいですねw コマンドで教えたら少しましになりますが。
私は最近良いトレーナーさんに出会い 
トレーニングに興味があり、色々と勉強中です(笑) 
動画など見ている感じでは凄く良い子に見えますょ(*∩∩*)ニコニコ
Posted by とももっ at 2006年10月16日 17:57
>ぴたさん
文章を拝見すると、ベン君はとても個性的なワンちゃんのようですね!
そんなベン君に、ぴたさんが家族だと認めてもらった時には、ものすごい喜びを感じたことと思います^^
シェパが服従心が強いのは周知だと思いますが、ボーダーもここまでとは、正直思いませんでした。
はまりつつある自分を感じてます(やばっ)
里親さま、本当に早く見つからないと、カイトと離れたくなくなっちゃいます・・・;
子供については、本当にどうやって見極めようかと悩んでいるところです。
大人でも馬鹿にするカイトのことだから、どうなるか想像できないんですよね。。。
Posted by NAGI at 2006年10月16日 22:12
>がう母さん
はい、ボーダーライフを再び堪能させてもらいます(笑)
楽しいけれど、やっぱり大変。でもやりがいあって、おもしろいってところです^^
リンクのお申し出感謝します。
是非宜しくお願い致します☆
Posted by NAGI at 2006年10月16日 22:19
>とももっさん
とっても残念だったけれど、仕方がないことなので、前向きに探すことにします^^
躾けはあまり入ってないと思います。
ただ人によって観点が違うので、「お座り」「お手・お代わり」が出来ればOKとするなら、カイトは元々出来ます。
今は基本服従を教えている最中ですが、まだ完璧とは程遠いです。
要求吠えは、例えば食事を例にすると、私にはしませんが、お義母さんにはします。
全然態度が違います。
その代わりボスと認めれば、ボー飼いの皆さんが仰るように、すごく愛情深く返してくれますよ^^
人間さえちゃんと勉強して、扱い方を学べば、カイトは全然問題児ではないと思います☆
Posted by NAGI at 2006年10月16日 22:29
そうなんですよね〜
犬って人間の扱い方次第で随分変わりますもんね。そもそも問題があるのは「飼い主」ですから。

カノンも保護当時に比べれば問題行動(暴走癖と無駄吠え)は減りました。ただし私の目がある範囲内のみです。
弟に見ててもらうと問題児に早変わり。散歩は引っ張るので、兄や弟には任せられないんです。

「賢いから」そんな理由で犬を選ばないでほしいものですよね。カイトのような犬を増やさないで……という思いでいっぱいです。
きっとカノンも、手に負えず捨てられたのだから……
Posted by レイン at 2006年10月17日 00:08
すごい偉そう。
里親出すのに10個以上も条件を出してさ。
そのうちいくつかは犬を飼う上で全然関係ないことなのにね。
そのうち里親が見つからなくて妥協をするか、さもなくば自分で飼うしかなくなるんじゃないかな。

犬のため?自己満足のため?
Posted by なんか犬好きの人って at 2006年10月17日 02:51
>なんか犬好きの人ってさん

へ〜、そんなに偉そうな条件だと思います?
そして、いくつかは全然関係ないと思います?
それ、どの部分なのか教えて欲しいです。
教えていただけませんか?私もこの条件をいっしょに考えさせていただいたので、参考にさせていただきたいです。

こんなに条件を出さないといけないほど、カイトには神経を使わないと難しいなと思っているんですよ。預かりをして本犬を見た人が一番よく分かっていると思うのですが、「なんか犬好きの人って」さんは、犬を見なくても、お見通しのようなのにで、すごいなぁと思いました。
勉強させていただきますので、よろしくお願いいたしますね。

おそらくこの条件は、犬のためもありますけれど、里親になってくださるかたのためだと思いますよ。問題が起こると不幸になるのは、犬だけでなく、飼い主になる人も同じですから。
そうは思いませんか?
あ、それぐらいのことは、お見通しでしたよね(笑)
Posted by ゆか at 2006年10月17日 08:56
>レインさん
ほんっと、ワンって人により態度を変えるんですよね〜
誰にでも良いから売るペットショップもどうかとは思いますが、飼う側ももう少し勉強してからにして欲しいと願います。
Posted by NAGI at 2006年10月17日 09:09
>なんか・・・さん
私が今まで預かった子で、こんなに沢山条件を出したことってありますか??
安易に飼いそうな、あなたみたいな人を振るいにかけるための条件なんですよ。
この条件で私が嫌われるのはある程度覚悟の上ですが、カイトの為に妥協するわけにはいきません。
見つからなければ、見つかるまでいつまででも探すつもりですから、ご心配なく。
Posted by NAGI at 2006年10月17日 09:16
ボーダーコリーを飼っている者です。
カイト君、まだまだ若いし、とても賢そう!!これからどんな風に育って行くか楽しみですね。
『ボーダーコリー』ってかかわり方を間違えなければとっても飼い易い犬種ですよね。

里親さんの条件で
【*フリスビーやアジリティーなどの競技会目的だけの方はお断りさせて頂きます。】
と言うのはちょっと「なぜ?」と思ってしまいました。
なぜかと申しますと、『ボーダーコリー』って、我が家だけかもしれませんが・・・
1時間の普通に歩く散歩より、
数十分の自転車引きより、
たった1〜2分のボール(フリスビー)遊びの方が楽しい様子がうかがえます。
アジリティーはよく分かりませんが・・・
とにかく、飼い主の命令をいつでも待っているような犬種です。
普通のお座敷犬ではありません。
普通のご家庭よりも、なにかしらスポーツを楽しんでおられるご家庭に里親になってもらうのがベストだと思います。

『フリスビーやアジリティーなどの競技会目的だけの方』とありますが、そういう方は、まず成犬は必要ないと思います。
と言いますのは、こういう競技には血統と子犬の時からの育て方が重要なのです。

文章がへたくそで、何が言いたいの?みたいになってしまいましたがとにかく、カイト君が幸せになる事を願っています。


Posted by にもにも at 2006年10月17日 11:15
>にもにもさんへ

アジリティーなど「競技会目的お断り」には理由があるのです。
カイトは元飼い主の元で、超小型犬の散歩のようなトボトボ・ノロノロ散歩のみでした。自由運動は全くなしです。
その為か筋肉の付きが悪く、腰も弱い可能性があり、股間節形成不全やヘルニアを防ぐ為に「競技会目的お断り」なのです。
運動の為に「楽しむ」程度にしてくださいと、私がNAGIさんにお願いしたんです。
Posted by レイン at 2006年10月17日 12:03
>ゆかさん
私も同じこと聞きたい(笑)
代弁してくださって、ありがとー☆
Posted by NAGI at 2006年10月17日 18:06
>にもにもさん
はじめまして☆
ボーダーって本当に賢いですね。私もその賢さには惚れてしまいました^^

この条件では真意をお伝えするのは難しいと思いますが、私もカイトをお座敷犬として飼っていただくつもりはなく、その為に<*充分な運動(自由運動含む)をして頂ける方。>という条件を設けさせて頂きました。
これはカイトのストレスを発散させる上で、とても重要な事で、問題行動の減少にも繋がることです。
実際に私も毎日の自由運動に「フリスビー」を取り入れています。
だから里親になって頂く方にも、一緒に楽しむ程度にアジやフリスビーをやって頂く事は大歓迎ですよ。

>『フリスビーやアジリティーなどの競技会目的だけの方』とありますが、そういう方は、まず成犬は必要ないと思います。

それなら良いんです。
でももしそうじゃなかった場合、レインさんの仰るように、股関節の事もありますし、仮に本格的にディスクやアジをやる前にレントゲン検査をしてみて、問題があった場合を危惧して、あくまでお断りさせて頂きたいのは、家庭犬としてではなく、競技会目的だけの方でした。
言葉足らずで申し訳ありませんでした。

先日獣医さんに見てもらった際には、今のところ特に(外見上)問題ないとのことでしたので、家庭犬として暮らしていく分には問題ありません。
Posted by NAGI at 2006年10月17日 18:31
>レインさん
ご説明くださって、ありがとうございます^^
Posted by NAGI at 2006年10月17日 18:36
思うんですけれど・・・
今のカイトを一番よくご存知なのは、NAGIさんだと思います。過去がどうだったかは、短い間のことですし、環境が変わってからの少しの期間では、犬の本性が出ないこともありますし、カイトを語るには、今のNAGIさんの所見で十分だと思います。

NAGIさんも色々勉強されていらっしゃいますし、獣医さんとも連携がよくとれていらっしゃるとお聞きしますから、躾のこと、体力的なこと、股関節のことは、お任せしておけばいいのではないでしょうか。
全然考えられていないというのではなく、色々考えた中で選択されていらっしゃいますから。

外野からあれこれ言わず、NAGIさんが困ってヘルプをだされたといに、みんなで知恵を絞りあうと言う方向で、見守っていきませんか?
Posted by ゆか at 2006年10月17日 22:15
犬を飼う上でもの凄く重要なのは、やはりその子の性格、そして犬種としての特性をしっかり人間も勉強する事だと思います。
犬は愛玩犬として生まれた特性の子ばかりではないです。大半は作業犬や牧羊犬、猟犬です。
不勉強だとその子に合った接し方も出来ませんし、コミュニケーションもとれなくなる。
このあたりを全くもってなおざりにして犬を飼う人の多い事。。
誹謗中傷は誰でも出来ます。これ、愛護団体関係でも言えるんですが、犬を助けたい、きちんとした生活を送らせたいというベクトルは同じのはずなのに誹謗中傷でつぶし合いをする。
個人の飼い主レベルでもそうで、ブログ公開している所に心ない言葉を投げつける。
それをする前に、犬を大切にしていこうというベクトルは同じなのですから、誹謗中傷でなく、議論すれば良いんですよ。
どうすればうまく共存出来るのかを・・。
Posted by パール姫の執事 at 2006年10月17日 22:21
>みなさまへ
毎日のカイトとの生活の中で、どういう子なのか、どういう問題を抱えているのか、なるべく嘘や偏見の無いように、皆様にお伝えしているつもりですが、ついつい忘れていたり、言葉足らずだったりで、色々と頼りない部分もあるかもしれません。
が、そこは頑張ってお伝えするつもりでおりますし、里親候補様との実際のお話では、この条件よりもさらに突き詰めてお話させていただいてます。
それはもちろんカイトの問題行動に照らし合わせた上でのことです。

言うまでもなくカイトの幸せの為ではありますが、やはり実際にカイトと暮らす人にとって、「こんなはずじゃなかった!考えが甘かった!」を防ぐためにお伝えしていることなんです。

さらにはトライアル失敗が続くことによるカイトのストレスを考慮して、事前に厳しい条件をお伝えしています。
それくらい真剣に考えてくださる方でないと、恐らくカイトとの同居は難しいです。

どうか皆様、ご了承ください。
Posted by NAGI at 2006年10月18日 00:31
NAGIさん
私がリンクした事で(時間的にそんな気が・・)不愉快な思いをされてたらごめんなさい。
そして・・ゆかさんすてき♪
家のレックスはHD(股関節形成不全)です。
が・・普通に生活してます。ディスクもたまにやります。
レントゲンは麻酔無しで撮ってもらいました。
以上参考まで
Posted by がう母 at 2006年10月18日 10:39
>がう母さん
リンクの件は感謝してます^^有難うございます。
ゆかさん素敵な方でしょ☆頼れるお姉さまなんですー☆
レントゲンはどこまで調べるかによりますよね。
麻酔なしでやる方法も存じ上げております。
一見普通に見えるホタルでも、もしアジやディスクをやって良いかどうかの検査をするなら、普通のレントゲン検査では分かりかねるので、麻酔をかけて、関節に負担をかけてレントゲンを撮り専門機関に送ることになると言われました。
結局はどこまでを望むかによるのかも・・・
Posted by NAGI at 2006年10月18日 11:41
 5才になるシェルティを飼ってます まさしく問題行動が似ています。ほめてしつけてやっとここまで良くなった家の犬。完全になくなる行動ではないので、理解し最後までやり遂げられる人が飼い主になってくれますこと、祈っています
Posted by レンママ at 2006年10月19日 10:15
>レンママさん
初めまして☆
本能の部分が強い問題行動は、いかに他で紛らわせるか、もしくは違う行動をさせて抑えるか、完璧にコントロールをするか・・・。
色々難しい問題ではあるけれど、レンママさんは真剣に取り組んでいらっしゃるのですね!素晴らしいです☆
最期まで諦めず、頑張る。
本当にそんな素敵な方がカイトの里親になってくれたらと願わずにはいられません・・・。
Posted by NAGI at 2006年10月19日 10:27
  何言われたって気にすることないです。家も問題犬飼って5年、いつも接している人が一番犬のことを、わかっているのだから・・・
 同じ問題行動なので、気持ちは同じ  犬を飼って飼い主も犬も不幸になってほしくないから条件が厳しくなるんです。(当たり前のこと)
  この問題行動は、完全に直ることはないので、いろいろな条件がそろうとでてくる。それを理解し、死ぬまで訓練と思える人を探してあげてくださいね
Posted by レン at 2006年10月19日 10:34
>レンさん
ありがとうございます。
私は大丈夫ですよ☆
分かる人にしか分からない事だと思うし、むしろ分かる人に飼ってもらいたいですもの^^
こうやって色々議論することで、無料で純血種で若いからっていう理由だけで応募する方が居なくなるだけでも助かります。

>死ぬまで訓練

この言葉、好きです^^
私もいつもそう思っているんです。
頑張ってカイトを理解してくれる人を探したいと思います^^
Posted by NAGI at 2006年10月19日 12:24
ウチにも4歳になるボーダーコリーが居ます。
彼も半年前までは前飼い主の元で
ほとんどつながれっぱなしの生活でした。
うちへ来てスグは「吠える」「噛む」は当たり前。
子供たちも追いかけられて泣かされてましたが、
訓練することで今はかなりお利口になりました。
NAGIさんの条件は全然厳しくありません。
むしろ犬を飼うのはそれぐらい覚悟のいることだと思います。
そして飼ったらたくさんの愛情と時間をかけてあげてください。
ある日「心が通じあう瞬間」が必ず来ます!




Posted by Ku at 2006年10月19日 18:57
>Kuさん
はじめまして☆
実際に体験されて、良い関係を築いていらっしゃる方のお話を聞くと励みになります☆
カイトも里親様によってはそんな生活を送れるのだと。
私も大切なのは愛情と時間だと思います。
その代わりワンコって、愛情をかけた分だけ返してくれるんですよね^^
一生懸命ワンと向き合った分、きっと得られるものも大きいと思います。。。
Posted by NAGI at 2006年10月19日 20:54
ホタルママ、こんばんは。
カイトくん、滋賀の方はダメだったのですね。
犬との生活って、いろいろと難しいものなのだな・・・と、あらためて考えさせられました。
Posted by 康太 at 2006年10月19日 20:59
>康太さん
こんばんは☆
メールいただいてたのに、すみません(>_<)
やっぱりカイトは、妥協して出しては人も犬も不幸になると、改めて感じました。
今度DGに行くかもしれませんが、その時は生カイトを見てやって下さいね^^
Posted by NAGI at 2006年10月19日 21:55
> それ、どの部分なのか教えて欲しいです。

言ったところでもっともらしい理由をつけるだろうから意味ないと思う。
ただ、きちんと理由も併せて説明すべき。
一番理解しているというのであればそれを周りに分からせる必要があると思うけどな。

ただあの条件で里親が本当に見つかると思っているの?
もっと里親希望の人を信用してもいいと思う。

犬のため、犬のため・・・って、端から見れば自分のためにしか考えられない。
妥協してまで里親に出したくないなら、そこまで相手を信用できないのであれば、知人友人もしくはその関係者に託すべき。

以前犬を保護して、里親に出したことがあるけど、相手はこの条件の半分も満たしてない相手だったね。
でも、今は愛されて大切にされて幸せに暮らしているよ。
Posted by 議論する気はないけど at 2006年10月20日 06:15
>言ったところでもっともらしい理由をつけるだろうから意味ないと思う。
>ただ、きちんと理由も併せて説明すべき。
あらあら、議論する気がないなら、なんでこちらに登場されるんでしょうね?
何のためのコメントですか?議論しない、でも嫌味のようにコメントは書く。つまり、嫌がらせ、中傷ってとられても仕方ないですねぇ。

理由を記載すべきというのなら、そちらも同様では?なぜ、自分は書かないけれど、相手にだけ求めるのでしょうねぇ?

この条件の半分も満たしていない相手でも、その犬が、それで幸せになれる犬ならば、いいじゃないんですか?もしくは、アナタにはアナタのやり方があり、NAGIさんにはNAGIさんサイドのやり方がある。また、カイトにはカイトに必要な条件がある。
そういういことじゃないでしょうかねぇ。
こんなことぐらい、お分かりのかたかと思っていましたけれど。

今までのコメントを見てもそれが理解できないとあれば、残念ながら、あまり読解力の認められないかたのようですから、やはり言い含めて解説しても無駄なのかしら。
国語の授業じゃないですからねぇ〜。
それと、言葉遣いも気をつけたほうがいいかと思いますね。

ネット上の文章は、ともすると誤解を招きがちですから、気をつけるということは、「常識ある大人なら」もうとっくに気をつけていることでしょうけれど、残念ながら、そのようにはお見受けしませんねぇ。こういう内容を書くならば、「ですます調」のほうがよろしいかと思いますよ。
参考までに。

それから、あなたに里親を頼まないし、探してくれとも頼んでないから、ここは気にせず、もし里親希望なら、ほかを当たったほうが利口ですよ。

条件に満たない人に渡して、不幸になって後悔するようりはいいと思いますからね。
私の知っているいくつかの団体は、もっと条件厳しいですよ。それでも見つかっていますからねぇ。
不思議なら、まずそちらに喧嘩をふっかけられては?そちらで少しお利口になってからいらっしゃるとよろしいかもしれませんね。

NAGIさん、議論できない相手は、相手にしないようがいいかと思います。
Posted by ゆか at 2006年10月20日 08:07
>ゆかさん
私の言いたいこと、仰ってくださって有難うございます☆

>議論さん

<一番理解しているというのであればそれを周りに分からせる必要があると思う>

だから里親希望を下さった方には、カイトの性格を説明して、それでも大丈夫かどうか確認していますので、あなたにご心配頂かなくても結構ですよ。

あ、議論する気はないんでしたっけ。じゃ、何を書いても無駄ですよねぇ。失礼しましたっ☆

Posted by NAGI at 2006年10月20日 11:05
>NAGIさん

>>私の言いたいこと、仰ってくださって有難うございます☆
失礼しましたー。でしゃばってごめんなさい。
クチから先に生まれたって、よく言われます(爆)
Posted by ゆか at 2006年10月20日 14:08
>ゆかさん
口からですか!
そりゃおみそれしやした。笑
Posted by NAGI at 2006年10月20日 20:16
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/519707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック